Return to site

たった1つのことに従って生きると、人生は変わる。

あなは未来が楽しみですか?

「未来が不安なんて暇人の言うことだ」

by堀江貴文さん

最近、私たち姉妹の間で専らブームなのが堀江貴文さんの言葉。

まじでグっときます。

更に更にこんな一説も。

「よく考えてみて欲しい。1度きりの人生に、不安を持ち込むことに何の意味があるのだろうか。

今この一瞬に全力で向き合い、心の底から楽しむことが、命を与えられた私たちの使命ではないのだろうか。

僕には、未来を悲観して足をすくめている時間など1秒たりともない。」

※引用元『10年後の仕事図鑑』

たしかーーーーーーーーーに!!!!

大変おこがましいことは承知で言わせてください。

この考え方、私たちの信念にもかなりかなりかーなり通じるものがありまして。

私たちの信念は、

日本人をより自由に、その人らしく生きられるお手伝いをする。

これに尽きます。

なんでこうなった?って、

会社員時代までの自分たちが正に、自由に自分らしく生きていなかったから

会社が悪いわけではありません!

環境が悪いわけではありません!

ただただ、

私らしくってなんだ?

生きたいように生きるってなんだ??

このままでいいのだろうか?

と、「今の生き方」に違和感を感じながらも、答えが見つからず、、、

すなわち行動もせず。。

とにかく苦しかったのです。

ああでもないこうでもないと考え続け、悩み、

友人に決しの想いで相談すると「そこまで掘りまくって考えられるの、逆にすごいね。。苦笑」

と、呆れられるほどの面倒くささが、Before-Afterで言うところのTHE BEFORE !!!!!!!!!!!!!

でも、私たちは幸運にも、未知な未来より違和感のある今を手放すという、

今思えば、宇宙の流れに乗ることができたので、

現在進行形で日々アップデート中ではあるものの、AFTERの世界に入ることができました。

そして、

このきっかけ・ツールこそが、今私たちが【1億総リリース】と謳い続けている、

カラダをリリースすること。

カラダをゆるめること。

カラダをリラックスさせること。

 

=筋膜リリースセルフケア

なのです。

本来人間は、自分の使命や役割、大好きなもの・ことを明確に、として持って生まれてきています。

幼少期になりたかったものや、理由なく好きだったことにはダイレクトにその人の核が映し出されている場合もあるし、ヒントが隠されている場合もあります。

あとは、昔からどうしても気になること・人の存在の中にもヒントはあります。

でも残念ながら、その核が多くの場合見えない。

見方がわからない。

見えづらいのです。

何故なら、世間体や常識、教育、これまでの経験や記憶によって、

・普通

・一般的

・みんなと一緒

・王道

↑これが良い、そうするべきだ、と思い込んでいるので、

(変化は不安、変わらない方が安全)

と、考える癖ができ、

まるで、クリアなガラスに湯気がかかって曇るように、

大人になるに連れてどんどん見えなくなっていきます。

でも、核は死にません!!

いろいろなカタチで存在証明をしてきてくれます。

・違和感

・何かしたい、変えたい、動きたいという欲求

・今までと変わらない普段の生活なのに、なぜかイライラする

・活動的な人に嫉妬する etc...

こんな↑ポイントにピンときた方は、是非カラダをリリースする体験をされて欲しいのです。

カラダはいつも正直です。

あなたの中にある核が見えない状態は、自由・自分らしい状態とはかけ離れているため、カラダも強張り、緊張しています。

ある方はコリ、ある方は疲労感、またある方は背中の張りなど、人それぞれ出る場所は違えど、

弱い場所に何かしらのサインが出てきます。

そんなときに、カラダに出たサインを、筋膜リリースセルフケア専用のボールを使用してリリースしていくことで、

カラダ=ココロのつまりが溶け、奥底にある核が見えてくるようになるのです。

核が見えて、あなたがあなたらしく進むことは、本当に不安でしょうか。

それとも、違和感を感じたまま、このままでいいのだろうかと疑問を抱いたまま、あなたは生涯を終えますか?

私には逆に、その勇気はありません。

一度きりの人生だからこそ、あなたらしく、自由に生きる。

そんなきっかけになっていただけたら。

クラスの後、霧が晴れるように未来が明るく感じていただけたら。

 

そう願いながら、毎回のクラスを開催させていただいております。

ご興味のある方は是非一度、ご参加ください。

筋膜リリースセルフケアクラスの情報はこちらです。

≪ご参加されたお客様の声≫

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly