Return to site

あなたもアンバサダーファミリーになりませんか?

1億総リリース時代を創る、筋膜リリースアンバサダー様たち。皆さん人生や社会を豊かにするビジョンを持っています。あなたのその想いや経験を生かす場はここにあります。

筋膜リリースアンバサダーの共通点とは?

2018年に本格始動した筋膜リリースアンバサダー様養成。

ゼロ期、第1期の養成講座が終了し、10名のアンバサダー様が誕生しています。

現在は、6月、7月の養成講座の説明会の真っ最中!

説明会はじっくりおひとりおひとりとお話しさせていただく、個人面談形式です。

その理由は、

その方が筋膜リリースアンバサダーとなることで、その方の人生が豊かになるのか?

そしてそれが社会、日本の発展につながるのか?

をじっくりと語り合いたいからです。

もちろんはじめからビジョンが固まっている方もいます。

一方で、ビジョンがまだ明確ではないけれど、なんとなく直感で今とこれからのご自分に必要だと感じていらっしゃる方もいます。

クラスに一度ご参加されて、その後すぐに説明会にお越しいただき、即決する方もたくさん!

中には一度も受けずに(!)アンバサダーへの道を決める方も!!

お申し込みいただく方の共通点はずばり、

これまでの経験、そしてそこからの想いが熱い!!ということ。

たとえビジョンが漠然としていたとしても、じっくりお話をさせていただくにつれ、説明会の最後には目をキラキラさせて「つながりました!」とおっしゃるのです。

超個性的なアンバサダー様たち。

共通点は「これまでの経験からの熱い想い。」

でも、誰1人として同じビジョンの方はいません。

・筋膜リリースセルフケアを伝えたい対象。

・活動したいエリア。

・伝えたいこと。

全てが違うのです。

これは本当に素晴らしいこと!

説明会の度に鳥肌ものなのです…

本当にみなさまお一人お一人が超・個性的なのです。

1億総リリース時代を創るということ。

1億総リリース時代を創るにあたり、日々感じることがあります。

 

先日テレビで身体障がい者の方々の生活、介護施設で生活する方々の生活のドキュメンタリーを見ました。

その時、私たちはまだ身体障がい者の方や、介護施設で生活している方に何もできていない。

なにかできないか?と思っていました。

翌日のアンバサダー説明会のことです。

その方のご経験、そしてこれから実現したいことへの想いをお聞きしている中で、

神様ありがとう!

と言いたくなることが起きました。

なんとその方は、もう10年も身体障がい者の方や介護施設にいる方のお世話をしていたというではありませんか!!!

そしてこれからのビジョンは障がいを持つ方、介護を必要とする方が生きやすい社会にするため、地域やご家族、お世話をする方々の心身のケアをしていきたいとおっしゃるのです!

そのための、筋膜リリースセルフケアであると語ってくださったのです。

もう本当に鳥肌が立ち、感動しました。

あなたの経験、想いを生かしませんか?

私たち姉妹2人では、誰もが自己実現を叶え、共に循環、発展していく社会は作れません。

1億総リリース時代には、異なる経験と想いを持つ、みなさんの力が必要なのです。

想いに共感し、自己実現と新しい日本を創るファミリーとなってくださった10名のアンバサダー様たち。

そして、これからファミリーとなってくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして私たち姉妹は、

アンバサダー様お一人お一人の自己実現を叶えること、

その上で一人一人が本当の自分で生きる社会をつくるために邁進してまいります。

あなたが本当に送りたい人生は、必ず実現します。

そして、あなたの経験、想いは必ず社会のためになる。

アンバサダー説明会でお会いできることを、楽しみにしています。

<筋膜リリースアンバサダー養成講座6月、7月度説明会>

あなたの経験と想い、実現できる場はここにあります。

<初めての方向け。筋膜リリースクラス体験と説明会のお得なプラン>

土曜日の午前中、オンリーワンの技術である筋膜リリースセルフケアボールのクラス受講後、アンバサダー説明会を行います。

リリースのある生活が、自己実現へのスタートライン。

 

人生100年時代に。

「サスティナブルに生きて、はたらく。」

あなたと企業を応援します。

 

日本筋膜リリース協会

新田美穂 新田聡美(新田姉妹)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly