Return to site

筋膜リリースの最大の魅力は?

弊社代表 新田美穂の日常生活を見てみましょう!

筋膜リリース、最大の魅力は、"DDI"?!

弊社代表 新田美穂に、筋膜リリースボールの最大の魅力を聞いてみました。

その答えは、

"DDI"

Daredemo ”誰でも”

Dokodemo  ”どこでも”

Itsudemo ”いつでも”

できること。だそう!

・運動が嫌いだろうが、
・柔軟性がなかろうが、

・時間がなかろうが、
・体型も関係なく、


だれでもできる。

どこでもできる。

いつでもできる。

それは”セルフケア”のメソッドであり、イコール生活を変えるメソッドであるから。

「5分あれば、できます。」

新田美穂

”私は集中すると、5時間くらいぶっ続けでPC作業をしてしまう癖があります。

今日も、昼食をとるのをすっかり忘れ、5時間ずっと座りっぱなし。

しかもものすごく集中しましたから、終わった〜!と思った時は体ガチガチ。

これは筋膜癒着しているな、という感じでした。

そんな時はすかさず、リリースです。

5分あれば、できます。”

とのこと。

PC作業後のリリース箇所はこの3箇所!

PC作業後の場合、やるのは3箇所。

①肩甲骨の内側縁
②腰
③胸

椅子に座って、前かがみになる姿勢で癒着するのは大きくこの3点です。

リリース時間はおよそ5分。

この時はもう、マットも敷きません。

①ボール持ってきて、ダイレクトに床に仰向けになり、まずは肩甲骨まわりをコロコロ。

②腰も左右に分けてコロコロ。

③最後にダイニングテーブルを使って、胸をコロコロ。

これで5分。

あーすっきり!まさに今、生き返りました!

だそう!

覚えてしまえば、一生もの。

新田美穂

”どこでも、だれでも、いつでもできる。まさにDDI メソッドです。

1時間確保できなくても、5分でも体がゆるまり、その後の世界が変わる。

でも5分でDDIリリース”をするまでには、ボールを置く箇所や転がし方を覚えていただく必要があります。”

と、新田さん。

筋膜リリース協会のメソッドはあくまでセルフケア。

なので、PC作業で固まる肩甲骨ってどこにあるのか?

胸って言ってもどこをリリースしたらいいの?

腰ってどう動けばリリースされるの?

基本的なボールの扱い方と体のことは少し知っておく必要があるようです。

”仕事も子育ても、人生のチャレンジも、体が資本の私たちです。どうか大切にしていただきたい。弊社が掲げるビジョンの「サスティナブルに生きて、はたらく。」は人生100年時代、1億総(一生)活躍時代に生きる私たちにとってのテーマです。

一生活躍できる体を手に入れるために、筋膜リリースボールのセルフケアを通してご自分の体に意識を向ける方が増えることを必ず達成していきます。”

とコメントを下さいました。

自分のものになってしまえば、新田さんのようにいつでもどこでも、5分でDDI生活が実現できますね!

やり方を覚えるまでは定期的にクラスにお越しください。

お得な定期割引もあるそうです。

初回体験クラスはこちらからご予約ください。

一般社団法人 日本筋膜リリース協会

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly